スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*往年のレーシング・ドライバーの皆様の巻。

 つー訳で、明日20日(日)は、そのみさん、ももかさん、ちとせさん、ご出勤であります。昇天しがいのあるこの季節、お早めのご予約をお勧め致します。ゼシ、目くるめく悦楽に酔いしれて下さいませ。たまらん。
 さて、昨日のレーシングカー・おブログで、往年のレーシング・ドライバーの皆様とはどなたですか?とお問い合わせがありました。実はこのような皆様が集まり、30数年前のグラチャンレースが再現されたのであります。
 左から2人目が寺田陽次郎選手。順に津々見友彦選手、柳田春人選手、んで高橋晴邦選手であります。この日は他にも長谷見昌弘選手なども参加しておりました。
 各選手のエントリー車は、当時のグラチャン仕様になってまして、レース好きにはまさしくタラマンチ会長な催しだったのでございます。なんとか日本のカー&バイクレースが、もっと盛り上がって欲しいと願う今日この頃でございます。タラマン。

スロット4人衆
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

夢の競演!!

お東陽先生こんばんは!!
前回のブログを拝読し参加選手のラインナップがかなり気になっていましたが「ミスタール・マン」こと寺田陽次郎選手に津々見友彦選手、柳田春人選手、に高橋晴邦選手…そして長谷見昌弘選手と物凄い面々! まさに「夢の競演」であります。

若い頃はギラギラした魅力を発してした各選手も見た目は初老に差し掛かり、どうりで自分も中年に差し掛かる訳だと一人納得してしまいました。

かつてのレーサーは野球選手並みにモテる存在でした。上記の往年の選手達も現役時代はかなりモテたと思います。

またかつてのレーサーはレースで勝ちたい、有名になりたい、イイ女を抱きだい、金を得たい、イイ車に乗りたい…などのギラギラした欲望が渦巻いていたように思います。

現在の日本のレーサーがダルビッシュ並みにオーラを放ち、女子アナや女優が放っておけない位の存在になった時、恐らく日本のモータースポーツ界は再び復活し元気になると思います。

お東陽先生にはゼシ一儲けしていただき、真っ赤なポルシェを乗り回して回春を図っていただきたいと思うのであります。
プロフィール

tooyook

Author:tooyook
東陽片岡(とうようかたおか)/昭和33年6月16日東京都板橋区生まれ。平成6年月刊ガロで漫画業デビュー。風俗、飲み屋、オートバイ、および貧乏ネタを得意とする。身長163センチ、体重68キロ、血液型O型。

東陽片岡の本
 
コモエスタうすらバカ
¥1155
 
哀愁劇場 ¥1260 
 
うすバカ二輪伝
¥1260
 
甘い生活 [DVD]
¥4800 
 
うすバカ昭和ブルース
¥1260
 
熟女ホテトルしびれ旅
¥1365 
 
レッツゴーおスナック
¥1155
 
ほどよい男たちのバラード
¥1155
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。